診療のご案内


脳神経外科・神経内科とは

脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患の中で主に外科的治療の対象となる疾患についての診断、治療を行う医療の分野です。
また神経内科とは、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の障害によって起こる様々な病気を診療する科です。

例えば、次のような症状がみられる場合が診療の対象となります。

  • 頭痛・めまい・ふらつき・顔面のけいれん。(脳疾患)
  • うつ症状・不安・不眠。(ストレス性疾患)
  • 手足のふるえやしびれ、痛み。
  • 腰痛・頚部痛。(頚椎、腰椎疾患)
  • もの忘れが気になる。ろれつが回らなくなった。
  • 家族に高血圧・動脈硬化や脳卒中の人がいる。

 脳の病気は、自覚症状なく突然発症することも多いものです。
しかし、早期検査によって前兆が発見できれば、お薬や生活の改善などでの治療が可能な場合もあります。

症状が長引いている、気になっているという方は、お気軽にご相談下さい。

当院では,脳卒中,脳腫瘍,頭部外傷,機能性疾患,脊髄疾患など,脳神経外科領域の疾患全般の診療に当たっておりますが,ここでは,その中でも特色のある疾患のいくつかをご説明します。


三叉神経痛

左右どちらかの顔面の激痛を主症状とする三叉神経痛に関してご紹介します。痛みの特徴は食事・歯磨き・会話・冷風などで誘発される顔面の”電撃痛”であり,特に下顎や頬部に多く,感覚自体の障害はありません。歯科にて齲歯などの原因がない場合,本疾患である可能性がありまます。強い痛みにより食事や会話が困難になり体重も減少します。    

片側顔面痙攣同様,神経血管圧迫症候群と呼ばれる病態に属します。顔面の知覚の担当神経(電線のような役目)である三叉神経が頭蓋内の正常な血管の圧迫によりねじ曲げられていることがその病態と関係すると言われています。稀に脳腫瘍が関係しているので要注意です。    

 カルバマゼピン(テグレトール)という抗てんかん薬が著効することが知られていますが,薬疹・ふらつきなどの副作用もあり,症状が進行しコントロールできなくなった場合には,手術治療を希望される方が多いです。

片側顔面痙攣

片側顔面痙攣では,左右どちらかの顔面のピクツキから始まり,進行して来ると一日中持続し,症状の強い時には完全に眼が開かなくなることもあります。

 

  この疾患は,神経血管圧迫症候群と呼ばれる病態の一つで,他に代表的な疾患としては三叉神経痛舌咽神経痛があります。いずれも担当神経(電線のような役目)を頭蓋内の正常な血管がたまたま強く圧迫し,その神経が勝手に興奮状態となってしまうことに原因があります。

慢性硬膜下血腫

頭蓋内の硬膜下というスペース(頭蓋骨と脳の隙間)にゆっくりと血液が貯留してくる疾患です。主に頭部外傷を原因とし、覚えていない程度の頭部打撲で本疾患を生じる場合もあります。左右どちらか片方に生じる事が多いですが、両側同時に生じる場合もあります。

 

主な症状

 脳を圧迫する程度まで血腫が増大すると、手足の運動麻痺・頭痛・認知症の進行といった臨床症状が出現してきます。ゆっくり進行するため初期には気づかれにくい場合が多く、頭部打撲の12ヶ月後、どことなく元気がない・箸が使いにくい・転びやすくなったなどの変化があれば本疾患の可能性がありますので、外来受診をお勧めします。

脳動脈瘤

動脈壁の血管壁がコブ状に変化したものです。大きさは1-2mm程度の比較的小さなものから30mmを超える大きなものまでさまざまです。 動脈瘤の血管壁は中膜を欠いているために破綻しやすく、多くの脳動脈瘤はクモ膜下腔に存在するので、クモ膜下出血の最大の原因となります。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は脳の動脈と静脈が毛細血管を介さずにつながってしまった病気です。 正常な血管に比べるともろいので破裂しやすい特徴があり、破裂するとクモ膜下出血を起こします。脳動静脈奇形は無症状の人もいれば、けいれんや頭痛が現れる人もいます。